ランキングを見てグルコサミンやプラセンタを選ぶ

家族

がん細胞を死滅させる

きのこ

キノコに含まれているシイタケ菌糸体という成分は、がんの予防や治療に役立つということで近年医療業界で注目されています。シイタケ菌糸体を摂取することによってがん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞やマクロファージといった免疫機能を高めることができるのです。体内には、免疫機能を抑制してしまうティーレグ細胞などの免疫抑制細胞と呼ばれる細胞が存在しています。免疫抑制細胞が増加してしまうと、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞やマクロファージといった免疫機能の働きがストップしてしまいます。それによってがん細胞が増殖してしまい、がんが進行して症状が悪化してしまうのです。がん患者の多くは免疫抑制細胞が増殖しているので、シイタケ菌糸体を摂取して免疫抑制細胞を抑制することによって、がん細胞を攻撃する免疫機能を正常に働かせることが出来ます。現在抗癌剤を使用する化学療法、手術で腫瘍を摘出する外科療法、放射線を当てて治療を行なう放射線療法などが行なわれていますが、シイタケ菌糸体を摂取することで従来のガン治療の効果を高めることが出来ます。
シイタケ菌糸体はシイタケに含まれていますが、食事で摂取する子実体と呼ばれる傘の部分には含まれていません。普段食べない部分からシイタケ菌糸体を摂取することが出来ますので、食事でシイタケ菌糸体を摂取するのは難しいです。近年は健康食品メーカーなどがシイタケ菌糸体を使ったサプリメントなども発売していますので、そのようなサプリメントを飲んでがんを予防・治療しましょう。

Copyright© 2016 ランキングを見てグルコサミンやプラセンタを選ぶ All Rights Reserved.